くじ引きやじゃんけんでフェアに

当たった物が嬉しいものであるなら、そのくじはたとえ当たらなかったとしても、そんなに嫌なものでも怖いものでもありません。
でも、もし当たったことで面倒な係をすることになったり、何か特別な義務が発生するとなれば話しは違います。
緊張マックスで、渋々くじを引かなければなりません。
もちろん、引かなくて済むのであればそれに越したことはないのですが、それができない場面も何度かやってきます。
学校関係、子供関係で何かの役員を決める時、大抵誰もやりたがりません。
始めの頃は人の役に少しでもなればと、立候補したり協力しようと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、想像以上に難しくて面倒。
挙句の果てに、良い結果が出なければこちらが責められる。
そんな経験をすると、二度とやりたくないと思います。
褒められることがなくても、責められることはないと思っているのが大間違い。
理不尽を、全身全霊で受けるハメになることも少なくありません。
もちろん、忙しくて余裕が無い方もとても多いのですが、いずれにしても役員決めをする時はいつも憂鬱になります。
皆同じようにやりたくないのであれば、くじ引きやじゃんけんが一番フェアだと私は思うのですが、結局嫌と言えない方に押し付けることが多く、思いっきりアンフェアの役員決めになっています。
私もそんな一人。
なぜ、くじ引きを選ばないのか私にはさっぱり分からないのですが、世の中はこんなもんなのでしょうか。
学校に行く度に、母親の人間性が見えてきてとても嫌な気持ちになります。
やはり、平等にくじ引きで決めるべきだと私は思います。

«
»