昔の私に忠告したい「お金の使い方」

私は貯金が苦手です。いつも給料日前になると、あの時無駄遣いをするんじゃなかった
という後悔の念に駆られますが、給料が入った途端に気が大きくなり、また同じことを
繰り返しています。

そのように浪費癖の激しい私は貯金もほとんどなく、歳を重ねるにつれ、さすがにこのままの
状態ではマズイと思うようになりました。そこで大分無駄遣いをしなくはなってきましたが、
もともと給料も安く、また昨年末に買い替えた車のローンなどもあり、中々貯金が出来ないで
います。そんな時はいつも、過去の自分に無駄遣いをするなと強く言い聞かせてやりたいと
思ってしまいます。

学生時代の私はアルバイトを頑張っており、貯金をするには十分のお金を稼げていました。
また入学当初はお付き合いをしている人もいなかったので、交際費やオシャレにかけるお金も
そこまで多くなかったです。そのため、今では考えれれないぐらいの貯金がありました。

しかし段々と金銭感覚がおかしくなり、沢山洋服を買うようになったり、大学は実家から通える
距離なのに1人暮らしをしたりと、お金をバンバン使うようになりました。その後就職を
しても、貯金をするという感覚はなく、入ってきた分は使う、というような生活を送ってきたため、
今将来に不安を抱える自分がいるのです。

もし今大きな事故や病気にかかり、働けなくなったらどうしよう、結婚資金もない、という
不安が頭から離れません。考えたからといって、過去に戻れるわけではないけれど、
あの時我慢していればと思ってしまします。

しかし遅くはなりましたが、この事に気が付けて良かったと思っています。一度怖い思いを
しないと、決して気付かなかっただろうと思うからです。この反省を活かし、これからの
生活を見直していこうと思います。

«
»