一瞬だけリッチな気分に

この前、宝くじで一瞬だけ大きな夢を見ました。
母と一緒に買いに行ったロト6。
当選発表の日まで、母と「当たったらどうする~?」「海外旅行でも行きたいね~」なんて空想を楽しんでいました。
宝くじって、当選発表の日までが楽しいんですよね。

そしていよいよ、当選発表の日を迎えました。
高額当選は無理でも、4等、せめて5等の1000円でもいいから当たっていて欲しい・・・そう祈りながら当選数字を確認しようとした時、母が雄叫びを上げたんです。
「うわぁー!2等!当たってるー!!」
「えっ!?」
漫画みたいに飛び上がってしまいました。
2等というと、当選金額は15000000円です。
一瞬にして、いろいろなことが頭をよぎりました。
車のローン返せる!とか、マンション買える!とか、一年くらい働かなくてもいいかも?とか。
しかし。
「・・・あ、見間違いだった!」
これまた漫画のようにズッコケてしまいました。
老眼の母、数字を見間違えていたようです。
なぜかホッとしてしまった私。
あまりの出来事に、頭がついていけなかったんだと思います。
想像を超える大きな出来事が起きた時って、受け入れるのに時間がかかるものなのかもしれませんね。

結局、5等すら当たっていませんでした。
母も私もがっかり・・・。
ロト6が当たらないなんてことは今までも何度かありましたが、今回は母の早とちりの件があったためか、よけいにがっくりきた気がします。
でも、一瞬とはいえリッチな気分を味わえて楽しかったです。
いつか現実になればいいんですけどね。

«
»